いつもは無頓着なくせに

投稿者: | 2018年12月1日

075363
夫は、いつもはまったく服装などには気をつかわない無頓着な人間です。もちろん、服装のセンスはなく、出かけるとなると、シャツやパンツ、ハンカチ、靴下、靴、と私が揃えておく、ということが当たり前の生活を送っています。
ですが、このところ、怪しい行動があります。
お風呂に入るときには、下着やパジャマを脱衣かごのところに出しておいてあげ、それを着用しているのですが、たまに、私が出したものではないものを、わざわざ出し直して、下着を着用することがあるのです。
たとえば、ジムに行く、とか、それでなにかをする、とかといったときなら、わかるんです。ボクサーパンツがよいとか、いろいろ、都合があるらしいというのは、理解できますし、ジムのプログラムの詳細までは私は知りませんから、それに応じて下着をかえる、というのはわかるんです。

でも、最近の夫は、違う行動をとります。夫が、違うパンツを出してきたので、翌日、ジムに行くからかな、と思っていたけれど、ジムにはいかず、ちょっと会社に行ってくる、といって出かけることがあるのです。会社に行くのに、なぜ、下着にこだわるのか、さっぱりわかりません。
夫のパンツはたしかに、トランクス型、ボクサーパンツなど、複数の種類がありますけれど、会社にはそのような種類は関係ないはずなのです。ですが、選んだパンツは、あたらしそうな、シャキッとしたパンツなわけです。

これって、どう考えても、人前で脱ぐことを前提とした行動じゃないの?と思うんです。
ダサい夫に、特定の浮気相手がいるとは当然思えません。ですが、怪しいわけです。となると、一番考えられるのは、風俗みたいなことなのです。風俗が、具体的に、どのようなものがあり、どのようなシステムになっているのか、まったくわかりませんけど、それしか考えられないんです。

そう思うようになってからは、それまでも距離のあった夫との関係ではありますが、ますます距離を感じ、夫の下着は必ず、別に洗濯機をまわすようになりました。