浮気もグローバルな時代になりました

投稿者: | 2018年12月9日

125313
海外に工場やオフィスを作って、そこに長期間日本人が出張したり単身赴任して働く時代になりました。
中国やベトナム、タイ等の繁華街は日本に比べて活気もあり、若い人が多く集まっています。
そして多くの日本から来ている出張者や赴任者目当ての日本人向けのスナックやカラオケ店が数多くあり、そこでは地方から出稼ぎにきている20代の若い女の子たちが働いています。

カラオケ店といっても歌うというよりは、男性のお酒の相手をするという感じで、仲良くなると店外でデートするのも当たりまえ。あとは自由恋愛の世界に入ってしまいます。
女の子たちは日本人客と仲良くなって、いかに多くのお客さんから指名をもらえるかが、生活するための手段になりますから必死です。

なんとかお金を持っていそうな日本のおじさんに取り入ろうと、拙い日本語で一生懸命にコミニュケーションをとろうとするのです。
そんな姿は日本では虐げられているおじさんたちの心に響くのですね。
私もそうで、だいぶはまりました。
日本に妻子を残して中国に単身赴任。
テレビを見てもよくわからないし、職場の雰囲気もう一つだし、仕事を任せても雑な作業でトラブルが発生。その後の処理に苦労したりとどんどんストレスが溜まっていきました。

ホテルに帰っても、大してすることもありません。寂しいものです。
仕方が無いから、同僚と繁華街に繰り出します。そして数件のスナックやカラオケ店を回るうちに、好みの女の子に出会うことになるのです。
女の子はとにかく若くて可愛い。そして仕事ですから、一生懸命尽くしてくれるのです。
そしてどんどん仲良くなって、女の子におねだりされて向こうでは高価な電化製品をスマホを買ってあげるのですね。

海外なので、給料は日本に振り込まれる口座と、現地で生活するための口座とは別になりますから、嫁さんにも見つからないでお金がいくらかは自由になりました。
ですから、ついつい気が大きくなって女の子にプレゼントしてしまいます。
その内に、ねんごろな関係に発展して愛人になって行くのです。
中国では愛人は奥様という意味ですから余計に分かりにくいかも知れません。
日本に残している妻子には悪いなと思いながら、目の前の若い可愛い女性に夢中になってしまいます。
ただ長期の海外出張や赴任には、いづれは別れが来ます。
それが浮気の最終地点。

ですから手慣れた日本の奥様の中には旦那さんにコンドームを持たせるという話も聞きました。
浮気はやむをえないけど、向こうで子供は作らないでね。変な病気はもらわないでという意味です。
さすがに、そんな避妊具は嫁さんからもらったことはありません。
また現地のコンビニで簡単に手に入ります。
ただ浮気から本気に発展していく事例も向こうでいくらか見聞きしました。
日本の奥さんと離婚して現地妻と結婚する。
日本人と結婚狙いで近づいてくる女性もいますから、そんな罠に引っかかったらとても苦労することと思います。

ただ日本を離れて15年、元気に現地でが働いているおじさんを見ると、長い人生それもありかなと思えてきます。
浮気もグローバルな時代になりました。