浮気について思うこと

投稿者: | 2018年12月15日

私は男性なのですが、浮気には肯定的でした。なぜなら浮気を楽しんでいたからです。浮気が楽しいというよりも、いろいろな女性と遊ぶのが楽しいと思っていたからです。世の中にはたくさんの女性がいます。だからこそいろいろな女性と遊ばないと損したような気分になっていたのです。一人でも多くの女性と遊ばないといけないと強迫観念にとらわれていたように思います。

男性であれば本能的に数多くの女性と関わりたいと考えます。男性にはそういった本能があります。多ければ多いほどいいということです。そして、それを実行に移せば当然浮気を繰り返すことになります。

物事は集中することが拡大します。浮気をしてもいいと考えていれば、浮気をどんどんしていきます。浮気をし続けます。そして浮気をかさねれば情が移る相手も出てきて、結局は自分が苦しむことになります。しかし、浮気をやめることはありません。浮気をすることが自分の中で正しいことと認識しているからです。そして浮気にはきりがないのです。なので、心の奥底から満足することはありません。もっといい女性はいないか、もっといい女性に出会えるのではないかと考えてしまうのです。そんな状況では刺激はあっても幸せを感じることは難しいのではないでしょうか。

逆に浮気をしないと考えたら、目の前の人一人に集中できます。集中すると何が拡大するのか。幸せが拡大するのです。
目の前の1人にを大事にして、目の前の1人に大事にされる。それはとてもシンプルなものなのです。
人間本能どおりに生きていいことはないような気がします。食べ過ぎてもだらけすぎてもろくなことにはなりません。

男女関係も同じなような気がします。いい関係を築くのはお互いの努力なしには不可能です。我慢するところは我慢する。それは人間として一見当たり前のようなことなのです。そして、全力で努力したからといって報われるわけでもありません。
だからこそ人間関係、男女関係というのはとても奥が深いものだと感じます。